動脈の流れと動脈硬化で勃起不全

全身の血流配分は毎日のように変化していると言われます。
安静にしているときは、心臓から出た血液の半分以上が、腸や肝臓、腎臓といった内臓へ流れる、運動を始めると状況は一変。筋肉へ流れる量が一気に増えるわけです。

すると、交感神経の作用で血管の太さが変化するため、運動すると交感神経が働いて、筋肉や心臓へつながる動脈は太く広がり、血液の流れも活発になる。

皮膚や内臓への動脈は収縮する。このようなシステムになっているわけですね。交感神経は部位によって逆の作用を起こす、体内のどこへでも必要な成分を必要なだけ届ける。状況が変われば、配送料の配分をすみやかに変える。コンビニチェーンもびっくりの変化をしているわけ。

こんな自在なシステムを支えるのが毛感の柔軟性になります。
特に動脈はその中層に収縮しているために、様々な体内の部分で活躍をしてくれる。

しかし、年齢やストレス、食生活などの影響で、動脈が起こり、大きな病気に繋がる恐れが。
動脈硬化の進行度合いは、生活習慣によって大きな差があると言われているために、普段の生活の中でも、ストレスを溜めない、睡眠をしっかりと取る、栄養のある食事を食べるなど、最低限の事を行うことで、動脈硬化を事前に防ぐことができます。

ちょっとした事ですが、心がけることで大きくつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加