たばこで勃起不全「ニコチンが大きく関係する」

昔と比べて、タバコを吸う人が減少しているそうです。健康面を考えると、タバコは吸わないほうが良い。

厚生労働省の調べによると、男性の約35%はタバコを吸い、特に40代は半分以上が利用しているというデータがあります。

タバコが原因となる病気は多少有りますが、その中でも気になるのが勃起不全。男性としては注意したい病気の一つ。

たしかに、タバコを吸うことで、ストレスをやわらげることはできるかもしれませんが、ニコチンやタールが含まれているために、脳や血液に対して悪い越境をあたえてしまう。

勃起する構造として、性欲が高まり、陰経内部に刺激が起こることで血管の拡張物質が大量に集まることで、血液の流れがあつまり、勃起に至ります。

しかし、タバコを吸うと、体内にニコチンを大量に吸収し、動脈硬化が起こり、血液の循環を悪くなります。すると、陰経の細い血管が、さらに細くなるために、どんなに性欲が高まったとしても、血液の流れが悪いために勃起しづらくなります。

血液に関する勃起不全は、器具性に部類され、たとえシアリスなどの治療薬を服用して改善したとしても、継続して服用を続けなくてはいけません。

そのため、タバコによる勃起不全が強くなる前に、禁煙を心が得たいところ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加