シリアスとグレープフルーツの作用

フルーツや飲み物として人気のグレープフルーツ。

みかんと同じ柑橘系で、栄養分が豊富なので、健康を維持するためにも利用されます。例えば、ビタミンCが豊富に含まれているために、美容や疲労回復、二日酔いの予防として最適。

そのまま食べてもいいのですが、絞ってからジュースにしても、美味しく飲むことができる。

通常の食品に含まれる量であれば安全です。しかし、グレープフルーツの場合は、通常の果実よりも多く摂取するために、クスルを服用するときには注意が必要。

これは果皮や果肉に含まれる化合物が原因で、成分にルラノクマリン類が含まれているために、肝臓などで薬を代謝するときに、異常をきたしてしまいます。

シリアスなどの勃起不全と一緒に服用することで、体内で薬物を代謝する酵素の働きを阻害してしまう恐れがあります。

その他にも、相乗効果により血圧を下げてしまう恐れもあるために、副作用で頭痛や動悸、息切れ、めまいなどがの症状があらわれやすくなります。

シリアスなどの勃起不全治療薬や「高血圧、心臓病、狭心症、むくみ」など、酵素や血圧、血液に関連する薬を服用する前後のグレープフルーツの食事は注意したいところ。

なお、グレープフルーツの影響は、食後24時間~48時間と長期間にわたり体内に残るとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加