シリアスが使用できない人「狭心症、心臓病、肝臓障害」

勃起不全に悩まされている人にとって、シリアスは夢の様な薬。

精神的なことが原因で生じる心因性の場合は、服用を続けることで、徐々に改善傾向が高まり、最終的にはシリアスを服用せずに、勃起を維持することができます。

なおかつ、シリアスのジェネリックを利用すると、気軽にパソコンやスマフォで注文ができ、薬価を安くして購入できるメリットが有ります。
薬価が安いと、コスト面の心配がなく、継続して使うことができる。

しかし、良い面だけを見ると嬉しくなる勃起不全治療薬の効果を発揮してくれますが、シリアスも医薬品の一種になるために、全ての人が利用できるわけではありません。

基本的には安全な薬ですが、シリアスを服用することで、血流が活発になり、性行為が可能になるために、体全体に対する負担が大きくなります。

健康的な人にとって、性行為は問題ありませんが、心臓病や狭心症を抱えている人は危険を招きかねないために十分に注意が必要。

シリアスの役割としては、血流を活発にすること、そのために、高血圧の患者が服用することで、極端に血圧が高まるおそれがあるために、使用できない人もいます。

たとえば、血圧が170mmHG/100mmHG以上の場合は、病院などではシリアスや勃起不全治療薬の処方はされないそうです。

高血圧の方が、勃起不全治療薬を服用することで、狭心症、心筋梗塞、脳卒中を起こす可能性があるために、もしインターネットで購入する場合には十分に注意が必要となります。

それから、肝臓に大きな障害を持っている人にも禁止されています。
肝臓の役割としては、胃で消化した薬を代謝し、血液に分解してくれます。そのために、シアリスにかぎらず、薬を服用する場合には、どうしても肝臓遺体しての負担は大きくなる。

重い肝臓障害(ウイルス肝炎、脂肪肝、非アルコール性脂肪肝炎、肝硬変、肝がん)を抱えている患者には使用が禁止されています。

シリアスは危険な薬ではありませんが、使ってはいけない人もいるために、まずは服用する前に十分に調べることが大切になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加