シリアスの副作用

シリアスが勃起不全に対して効果を発揮するのは血流を活発にしてくれるからです。そのために、他の体内から出血が起きている場合には、症状を悪化させる恐れもあるために、服用する前は、検査などを受けることが安全かと思います。

特に、心臓や血管に障害を抱えている人は注意が必要。
バイアグラが開発された当時、心臓病を抱えていた人が服用後、死亡した例が報道されました。
たとえ、健康体の人でも、シリアスは初期の段階には副作用が起こリやすいといわれるため、ある程度の注意が必要。

副作用の発症率が高いのが「頭痛、むくみ、ほてり、動悸」など、これは、シリアスの成分であるタダラフィルが、体全体の血液の循環を活発にするために、他の作用が起こり、どうしても副作用を感じやすくなる。

できるだけ副作用を起こさないようにするためには、用量を減らし、服用すること。
用量が多ければ、たしかに効き目に対して期待できますが、その分の副作用が起こるために、自分にあった用量を使い分けるのが大切。

あくまでも、私の場合ですが、シリアスのジェネリック(メガリス)を1錠ではなく、2分の1、4分の1に分けて服用しています。
空腹の場合は、2分の1を服用し、食後飲酒後は2分の1を服用しています。うまく使い分けることで、副作用に悩まされることなく、勃起不全に対する効果だけを感じることができます。

症状によって酵素や血液の流れも人それぞれ異なるために、色々と試すのも重要かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加