シリアスは器質性でも血管と神経が温存されていれば有効性がある

性欲はあるのにどうしても下半身に力が入らない。本当につらいような悩みです。

体にあるさまざまな原因により物理的に勃起できない状態を器質性 ED と言い、改善するのはとても難しいと言われています。

血管障害や神経障害、内部分泌機能低下で器質性 ED は起こりますが、シアリスは器質性でも改善できるのでしょうか。

器質性 EDについては、実はシアリスにも効果を期待することができ、加齢や生活習慣病などによる動脈硬化で起きた ED に対しては有効とされています。
たしかにバイアグラやレビトラも効き目があります。しかし、シラリスの場合は即効性があり、何よりも私が気に入っているのが効き目が長いことですね。なんだか得をした感じがしますので。

血管と神経が温存されていれば、シリアスはたとえ器質性 EDであっても効果を発揮してくれる治療薬なのです。

従って、性器の近くにある血管や神経に傷がついている時でもシリアスは有効で、血管や神経の損傷が少ない時には、ED治療薬としての効果は十分にあるようです。

器質性EDは多くの場合、その原因の多くが神経系か血管系のどちらかになりますが、両方の障害が出ることもあります。

このようなことを理解して使っていくことが重要になると私は思います。

たとえば、糖尿病は神経障害による器質性EDとされていますが、血管障害の影響もあり、両方の障害を背負っていると言えます。
このように、器質性EDには血管系と神経系の両方の原因が懸念されるわけですが、シアリスは血管と神経が温存されていれば有効性はあるので、試してみる価値はあるでしょう。
ペニスの勃起にとってはダブルパンチになりますが、内服薬でも効く可能性はあるのです。

器質性EDに対しては、内服薬は何となく効果は無いように思いますが、そんなことはありません。
比較的有効率は高いので、EDの症状があるなら試してみる価値はあります。
シアリスは、主に精神面が原因の心因性EDに効果的と言われていて、その有効率は非常に高いとされています。
心因性EDに対する治療実績は高く、それは勃起をサポートする薬だからです。

そんなシリアスですが、実は体に問題を抱えている器質性EDにも有効で、血管や神経にさえ問題がなければ効果的に作用してくれます。

器質性EDに対しては、全ての人に効果があるわけではありませんが、それなりに高い有効率があるので、絶対に効かないということはありません。

完全に神経や血管が断絶している場合は、その効果を体現することはできませんが、血管が温存されていたり、もしくは神経に損傷がなければ試す価値はあるでしょう。

シアリスの効果は器質性EDでも得られる場合はあるので、諦めないことが大事になります。

シアリスは基本的に精神面が原因の心因性EDに効果が期待できると言われていますが、器質性EDでもある程度効果はあるようです。

血管や神経に大きなダメージがなく、温存されていれば有効性はあるので、諦めないで服用していきましょう。シリアスの場合、そのときにしか効き目がありませんが、服用することで、薬なしでも効き目が現れることもあります。何よりも続けることが大切。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加