シリアスを服用することで他の病気になることはないのか?

男性の悩みとしても様々な症状がありますが、年令を重ねることで起こりやすいのがEDです。

しかし、この悩みに対して作用してくれるのがシリアスです。
シリアスは優れたED治療薬として人気がありますが、果たして服用することで他の病気になることはないのでしょうか。

もしそうだとしたらとても心配で服用できないので、その辺のところを調べてみました。

シリアスについては、副作用の心配が比較的少ないので扱いやすいED治療薬と言えます。
また効果持続時間も長く、正しい用法や用量で服用さえしていれば、体に悪い影響はないので特に他の病気になるようなことはありません。
血管拡張作用によって性器への血流改善を図るのがシリアスの目的なので、血管が拡張することで頭痛やほとりなどの副作用は懸念されています。

しかし、それはあくまで一時的な症状で、効果の持続時間が終わるにつれて解消されることがほとんどです。

ただ、シリアスを服用することで他の病気になることはないのですが、既往症がある人は注意が必要で、なおかつ決めれた容量を守ることが大切。

むだに2錠や3錠を服用しても効き目が早くなったり強くなることはありません。理解した上での服用が重要になります。

過去に病気にかかっていた人で、たとえば3ヶ月以内に心筋梗塞の既往症や、6ヶ月以内に脳梗塞や脳出血の既往症がある場合、シリアスが服用できない恐れがあります。

インターネットの普及で医薬品を通販や個人輸入で購入する人も多いです。しかし、素人が使い、他の病気が起こった場合は危険性が高いために、まずは医師に相談を持ちかけることも一つの手段です。

こうした病歴が過去にある人は、シリアスを服用することがNGとされているので、使用しないよう気をつけないといけません。

シリアスは病気療養中や、今は治っていても既往症がある際には、服用が不可能なこともあるのですが、服用することで新たな病気にかかることはないと言えるでしょう。

シリアスの副作用には、背部痛や頭痛、顔のほてり、消化不良などがあるのですが、これらは病気と言えるものではないです。
また、副作用を感じる割合も3割程度と低く、持続時間が長いので副作用の程度もそれほど強くなく、少し感じるぐらいです。
身体の血の巡りが良くなることで副作用が引き起こされるので、心配するには及びません。
ただ、風邪などの軽度の病気なら使用に問題はないのですが、肝臓や腎臓が悪い人については気をつける必要があります。
血液の病気や肝臓、腎臓が悪い人がシリアスを使用すると、より病気が悪化する危険性が高くなります。
特に、今現在心臓の病気でニトログリセリンを使用している人は、いくら元気であってもシリアスを服用するのはダメなので十分に気をつけましょう。

基本的に高血圧や低血圧などの病気にかかっている人は、シリアスを使うことはできません。

シリアスを使うことで他の病気になるのではないかと心配する人がいますが、そうした心配はありません。

ただし、心筋梗塞や脳梗塞などの既往歴があり、また血液の病気や肝臓や腎臓が悪い人、低血圧や高血圧の人は使用することはできない恐れがあるので注意が必要です。

特に肝臓は薬を服用すれば起こりやすいことがわかっています。毎日の食生活環境にも意識したいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加