シリアスは血管を拡張するため重い痔の人は注意

シリアスは飲むED治療薬として人気があり、世界で1番売れていると言えるでしょう。
なおかつジェネリックの場合は価格を安くして購入することが出来るために「メガリス、タダリスSX、フォーゼスト、タダシップ」などを通販で購入する人も増えています。

そんなシリアスなのですが、実は血管を拡張する作用があることから、重い痔の人についてはあまり利用を勧めていない部分もあります。

シリアスの主成分であるタダラフィルには血管拡張作用があるため、副作用として一時的に頭痛や顔が潮紅したり、ほてったりする場合があります。

この一時的な作用で辞める人もいますが、あくまでも初期に起こるために、ある程度継続することで、緩和し、効果を発揮してくれます。

服用後、こうした副作用は効果が続いている間に出ることが多く、次第に症状は収まってきます。
ただ気になるのは重度の痔の人で、シリアスの血管拡張作用により、悪化する恐れがあります。

陰茎海綿体の血管平滑筋を緩和させることで、陰茎へ流れる血液の量を増加させる作用がシリアスにはあるのですが、痔の人にとっては悪影響を及ぼしかねません。

血管を拡張させる作用のあるシリアスは、その働きにより、痔が悪化して出血が多くなる危険性があるので気を付ける必要があります。
かなり痔の症状が重く、出血を伴っているような場合は、シリアスの使用は控えるべきでしょう。

痔の症状が酷い人は、ED治療薬を使用する場合、出血が収まってから使用するのが賢明で、いたずらに悪化させないような配慮が求められます。

シリアスを服用する場合、痔の人は使用できないというわけではありませんが、重い痔の人で特に出血がある人は注意してください。
重症の痔を治療中の場合で、裂肛といわれる切れ痔に該当する人は、シリアスを使用すると悪化することが危惧されます。

ただ、シリアスそのものが痔に悪いというわけではないので、痔であってもそれほど酷くなく出血がないタイプなら服用しても大丈夫です。

痔にも種類はいろいろですが、男性の場合は特に切れ痔になりやすいことがわかっていますが、一番はそのままにしておくことで自然治癒で改善します。

ただし、シリアスを毎日のように服用し、過剰に摂取すると悪化するおそれれがあるために注意が必要です。

要するに、一概に痔に悪いとは言えず、シリアスには血管を拡張する効果があるようなので、出血性の痔の場合は注意が必要で出血が酷くなる可能性があるということです。

痔に対しては絶対に使用はダメということではないですが、出血が認められるような痔に対してはシリアスの服用はやめておいたほうが良いでしょう。
いずれにせよ、出血がない痔であれば、使用に際しては特に問題はないので、あまり神経質になる必要はありません。
出血のある重い痔の人は注意しないといけませんが、そうでない軽い痔の人は使用しても大丈夫です。

シリアスには血管拡張作用があるので、出血のある重い痔の人が使用する場合、症状が悪化することがあるので注意が必要です。
しかし、出血のない軽い痔の人には特に悪影響を及ぼすことはないので、使用しても問題はないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加