シリアスとニトログリセリンの併用は危険な薬

治療薬の中ではシリアスは比較的副作用が低いので、多くの人から支持されていますが、飲み合わせの相性が悪い薬があるので注意が必要です。

何とかして勃起不全を直したいという考えの中で服用した治療薬で、副作用が起きて、頭痛や腹痛などに悩まされて性欲が低下したら、元も子もありませんから。

特にニトログリセリンとの併用は危険と言われていますが、本当なのでしょうか。

どんな薬にも禁忌薬というものがあり、それは飲み合わせの相性が悪い薬のことを示しています。

要するに併用すると体に悪影響を及ぼす危険性があるかもしれない薬で、シリアスの場合、ニトログリセリンが禁忌薬の1つになります。
基本的にED治療薬とニトログリセリンの相性は悪く、併用は問題視されています。
ニトログリセリンは狭心症や心筋梗塞の薬だからで、シリアスには血管を拡張して血流を促進する作用があるのでよくありません。
併用すると薬の効果が倍加することになり、血圧を下げすぎてしまう恐れがあるのです。
血圧降下は生命の危険性もあるので、狭心症の薬であるニトログリセリンとシリアスの併用は避けるべきです。

また、危険があるばかりでなく、併用することでED治療薬としての効果を弱めることにもつながります。
薬の併用で効き目が強くなることもあります。たとえば、なんですが、これは勃起不全ではなく育毛剤の話で、ミノキシジルとフィナステリドで薄毛が改善できたという話は有名です。

しかし、他の薬の組み合わせで副作用が起きたという話も多く聞きます。

効果が相殺されてしまうことから、ED治療薬としてのシリアスの効き目が落ちてしまうので、くれぐれも併用しないように注意しましょう。

シリアスとニトログリセリンを併用することはとても危険で、併用すると急激に血圧を低下させる危険性があるので要注意です。
ED治療薬は血管を拡張する薬なので、ニトログリセリンを併用すると急激に血圧が下がる可能性があり、心臓や内臓に深刻なダメージを与えることになりかねません。
最悪の場合、命を落とすことも珍しくないので、ED治療薬を使用する場合、併用する薬については配慮が必要です。

シリアスは血圧を低下させる作用があるので、降圧剤と同時に服用してしまうと、立ちくらみやめまいなどの不快な症状が出ることがあり、特にニトログリセリンと同時に飲むと危険です。
たとえば、発作時のためにニトログリンセリンを所持しているような人は、シリアスの使用は控えましょう。
心筋梗塞や狭心症の既往歴がある人はED治療薬を使用しないことが大事で、シリアスを使用する場合、主治医との相談が必須です。
シリアスは高血圧の人でも使用することはできるのですが、ニトログリセリンとはくれぐれも併用しないようにしてください。

シリアスとニトログリセリンの相性は悪く、飲み合わせの悪い禁忌薬になります。

併用すると急激な血圧低下により、命を落とすことになりかねないので、ニトログリセリンとの併用は避け、単体で使うようにしましょう。それから、単体での服用で量を増やすことではない決められた量を服用することが重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加