シリアスの副作用「頭痛やほてり、消化不良」

バイアグラやレビトラ、シリアスなど三大ED治療薬の1つとして人気のあるシリアス。

気になるのが服用した場合の副作用です。
というよりも、薬は必ずと行っていいほど副作用があります。作用とは違う期間に対して作用が起こるために副作用が発生します。シッカリ歳と理解することが重要です。

噂では、頭痛やほてり、消化不良などが副作用として出現すると言われていますが、果たして大丈夫なのでしょうか。

シリアスの副作用については、国内外でもそのデータは集積されていて、主な副作用として頭痛、潮紅、ほてり、消化不良などが確認されています。

また、他にも背部痛や筋痛、鼻閉、四肢痛などの報告もあり、その症状は様々です。

これはシリアスのジェネリックであるメガリスやタダリスSX、フォーゼスト、タダシップなども同じく副作用が起こります。有効成分が同じだからです。

こうした副作用が出る可能性があるとなると、シリアスを使用するのは危惧されますが、基本的に副作用のない薬はありません。
副作用が全く無い薬はないので、それが心配なら、薬を全く使用しない手段を取るしかないです。

それではいつまで経ってもEDは改善されないわけで、大事なのは副作用の程度がどれくらいなのかということです。

シリアスについては、確かに頭痛やほてり、消化不良などの副作用が指摘されているのですが、それほど重い症状というわけではありません。

しかし、注意しなくてはいけないのが、1日に2錠も3錠も服用することです。効果は適量しかなく、より副作用が起こりやすくなります。

いずれの症状もある程度時間が経てば、解消される程度のもので、次第に軽減されていきます。
そのため、体のほてりや頭痛を感じたとしても、特に心配する必要はないでしょう。

シリアスで副作用が出るとしてもその確率は高くても3割程度で、いずれの症状も重篤な症状ではないので特に心配するほどでもないです。
どちらかというと副作用は低い方に入るので、あまり神経質になる必要はないでしょう。
たとえば、ほてりなどの副作用は、効果があらわれた証拠でもあり、いわば好転反応のようなものになります。
薬の副作用が出ると不安になりますが、シリアスを服用して出る頭痛やほてりなどは、薬が効いていることを示しているサインと考えてよいでしょう。
それゆえ、こうした症状が出たとしても特に心配する必要はなく、継続して使用しても問題ありません。
シリアスで副作用が出た時は、効果がきちんと出てきた1つの指標と考えても良いので、むしろ歓迎すべきものと言えます。

副作用の程度は低く、長時間効果を発揮してくれるシリアスはED治療薬としてオススメで、頼りになる存在です。
どちらかというと、シリアスは副作用が少なく服用しやすい薬と言えるでしょう。

シリアスを服用すると、頭痛やほてりなどの副作用が出ることがありますが、それほど重くはないので特に心配はいりませんが、決められた容量を服用することがまず大切です。

副作用はむしろ効果が出始めたサインのようなものなので、体のほてりや頭痛を感じたとしても継続して大丈夫ですよ。ただし、普段とは違った症状が現れたら一度病院で見てもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加