シリアスは心因性EDの人には特によく効く作用

勃起不全にも様々な種類があり、その中の1つ心因性EDがあります。
最近は心因性EDで悩む男性が増えていて、男性の性的メカニズムは非常にデリケートなものです。

性的な場面で一度でも辛い経験をすると、それがショックになって心因性EDになりやすいのですが、シリアスはそうした症状にも効果はあるのでしょうか。

悩みについて色々ありますが、その中の1つ精神的なことが原因で立ち上がれないような辛さを感じている人がいます。

社会においてのプレッシャーや先々のことを考えてどうしても不安になってします。

精神的なプレッシャーでEDになる人は多く、それが原因でまったく陰茎が立たなくなる人は少なくありません。
特に機能的に問題はなくても、交感神経が強くなって緊張状態が高まり、勃起を抑制するホルモンが分泌されると立たなくなります。
実はそうした時に理想的なのがシリアスで、心因性EDの人にもよく効く薬。

私はバイアグラ、レビトラを服用してきましたが、その中でもシリアス(ジェネリック)が一番相性がよく、そして長期間作用が続いてくれます。

自然な勃起を促がす薬なので、短時間で頑張りたい時にはオススメできませんが、シリアスの効力の継続時間は長く、他のED治療薬を圧倒しています。

2日間の効力を示してくれるシリアスは、お泊りデートなどのいつ性行為するかわからないように時に効果を発揮してくれるので、精神的に落ち着くことが可能です。

ただし、シリアスなどのED治療薬を服用すれば勃起不全が治るわけではないために十分んい理解しておくことが大切です。

シリアスは勃起をサポートする薬なので心因性EDには効果的で、特によく効く作用があり、服用すると陰茎の血管が拡張して勃起不全の症状を緩和することができます。

脳から性的刺激が起こり、血管拡張されることで、海線体につながら、血液の流れが活発になり、勃起となります。

シリアスを服用してしばらくすると薬の有効成分が体に浸透していくので、外部刺激や性的興奮があった際、勃起しやすい状態へと誘ってくれるのです。

シリアスが心因性EDの人に有効なのは、服用後36時間という長時間の持続時間があるからで、焦りを感じることがありません。
この効能は大きく、患者自身のペースで性行為を楽しむ余裕を感じることができるので、結果的に精神的なことで勃起できない不安から解放される可能性が高いです。

勃起不全というと、中年層や高年齢層に多い印象がありますが、近年、若者世代でED患者が急増していると言われています。

勃起しないと満足のいく性行為ができませんが、若年層のEDの多くの原因は心因性によるものとされていて、ストレスが大きいです。
初めての性行為で失敗すると、トラウマになってEDになることは少なくありませんが、シリアスを服用すると長時間効果が持続するので安心できます。

すると、今まで溜まっていた精子が射精され、それと同時にストレスまでも発散がされているような気がします。あくまでもはっきりとしたことはわかりませんが、気分転換んいもいいかと思います。

他のED治療薬のように性行為直前に服用する必要はなく、朝に服用しておけば次の日の夜まで効果が持続するので、何かと不安な心因性EDの人にピッタリと言えるでしょう。

心因性EDの人は最近増えていて、これはまさしく精神的なものが大きく関与しています。
シリアスは心因性EDの人にも適用性が高いです。
その長い持続効果が不安を解消し、安心感をもたらしてくれるので是非試してみましょう。

ただし、過剰に利用すると、副作用が起こる危険性があるために、しっかりと考えてから使うようにしましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加